畳トートバック

昨年の夏頃から畳を使った新しい商品を考えていたのですが、

「畳トートバック」として完成しました。

 

main.jpg

 

自分が使うとしたら!

仕事に、遊びに、オールマイティーに使えるバックが欲しい・・・

というわがままなコンセプトで制作にかかりました。

 

制作過程は、

畳ブックカバーを作った時の一緒ですが

群馬にある松屋畳店の畳屋11代目の大川さんから、

畳を作る際にでた半端と、

畳表に関するたくさんのアドバイスをいただき、

シルバー人材センターで知り合った福田さんに裁縫をお願いしました。

(シルバー人材センターで、畳ブックカバーの作り手を探した時に、

「今回限り・・・」と言われてしまい(笑)それ以来、直でやりとりさせてもらっています。)

福田さんは独特の発想力で、

生地としてはあまりに難しいこの畳の素材と布とを

うまーく工夫して、完璧オリジナルで!縫い上げてくれました。

 

お二方、本当にありがとうございました。

 

畳表以外の生地について。

今回は水玉柄尽くしですが、

あまり普通のお店では販売されていない布を厳選しました。

絣の水玉は表現するのに難しいそうです。(写真右 久留米絣 ↓)

ちょっとずれているのがたまらなく味があり、カワイイ!

dots.jpg

 

絣水玉の 畳トートバック 小はこちら>>

水玉 赤・白 の畳トートバック 小はこちら>>

水玉 赤・白 の畳トートバック 小はこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です